腎臓の役割と構造
腎臓の役割と構造

腎臓の役割と構造

腎臓って?

腎臓は人間の生きる上でとても大切な臓器です。

腎臓は体の背中側に背骨を挟み二つある臓器です

形はソラマメの形をしており、大きさはコブシ一つ分、重さは150g程度

腎臓は臓器なんですけど血管の塊なんですよね。

腎臓の役割

血液の老廃物や過剰な水分をザルで濾すようないイメージのザルが腎臓になります。

そのザルの目がつまり水が流れにくくなったり流れるべきゴミが目詰まりにより流れない状態が腎不全となります。

役割

  1. 老廃物の除去
  2. 余分な水分除去
  3. 電解質を排泄
  4. 体液のバランスを調整
  5. 血圧を調節
  6. 赤血球を作る
  7. ビタミンDを活性化

以上の8つが腎臓の役割です

腎臓は二つあるため1つの腎臓がなくなったとしても人間は生きていけるんですよ。

なので、夫婦や家族が腎不全で二つの腎臓が悪くなってしまった場合には片方の腎臓を分けてあげる腎移植をすることで、透析治療をしなくてもいい体になることができます。腎移植については詳しく別の記事でお話ししますね。

4件のコメント

  1. ピンバック: 腎臓の役割を詳しく解説<老廃物除去> - たんぱく質の代謝産物とは… 平凡で多忙な医療従事者が語る 日常ブログ

  2. ピンバック: 腎臓の役割詳しく解説<電解質を排泄> - 平凡で多忙な医療従事者が語る 日常ブログ

  3. ピンバック: 腎臓の役割詳しく解説 <余分な水分除去&体液のバランスを調整&血圧を調整>

  4. ピンバック: 腎臓の役割詳しく解説 <ビタミンDを活性化> - 平凡で多忙な医療従事者が語る 日常ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です